So-net無料ブログ作成
検索選択
大山の和食・そば ブログトップ
前の10件 | -

菊秀(大山) [大山の和食・そば]

2009年2月17日(火)

訪問はかなり前で2008年の冬ごろになりますが、
大山駅から南の方(川越街道の方)に2分程度歩いた
ところにある和食のお店「菊秀」を紹介します。

こちらは私がよく行く「小林菜館」のお隣のお店ですが、
厨房におかみさん、ホールに旦那さんというスタイルのお店で
小あがりにテーブルが3つ、フロアにテーブルが4つ(確か)、
というこじんまりしたつくりです。

まず注文したのがビールです。
blogDSCN1758.jpg

続きを読む


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かつ一(大山) [大山の和食・そば]

2008年1月19日(土)

本日は板橋区文化会館となりになる豚カツの店「かつ一」に
行ってみました。僕はこの日は秩父界隈で趣味の山歩きを
した帰りだったので、かなりお腹ペコペコ状態で、少し
コッテリしたものが食べたい気分だったのでこの店にしました。

店内はカウンターテーブル席、小上がりの席とあって
ゆったりと食事ができます。「かつ一」のマスターはいわゆる
コックさん帽をかぶっていて、料理人の雰囲気プンプンです。
しかも調理に集中しているのがわかるので店内にも緊張感が漂います。

注文は相方さんがヒレカツ定食、僕が単品でカキフライ、串かつを
お願いしました。そのヒレカツはこんな感じです。

続きを読む


nice!(16)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かつ亭 銀扇(大山) [大山の和食・そば]

2008年1月7日(月)

今日は仕事で池袋方面に出る用事がありましたので、
池袋でランチをとっても良かったのですが、ハッピーロードの
大山駅近く、「銀扇」というトンカツのお店に行ってみることにしました。


お店に入るのは実は初めてです。入ると4人掛けの
テーブルが3つと座敷席で6人掛けが2卓、4人掛けが2卓
と結構店内は広いことがわかりました。

続きを読む


nice!(14)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ごん平(大山) [大山の和食・そば]

2007年10月18日(木)

ときわ台で軽く飲みまして、大山でそばを食べて
帰ります。いつもはラーメンが多いのですが、今日は
あっさり行こうかと。

22時近くだったので、この時間ではハッピーロードの
「ごん平」しかないですね。券売機でたぬきそばの券
(360円だったかな?)を買って店内に入ります。

券を店員さんに出すときに「関西だしで」とお願いして
おきます。ここは何も言わなければうどんは関西だし、
そばは関東だしで出してくれるのですが、注文すれば
その反対にも応じてくれます。


これが関西だしのたぬきそばです。

続きを読む


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

ごん平(大山) [大山の和食・そば]

2007年8月10日(金)
ときわ台でいつものモータースポーツの飲み会を終え(話題は「どうなるマクラーレン?」)、大山に到着ですが、何か麺を食べようと思い、「ごん平」に向かいます。場所はハッピーロードのラオックスの向かい側です。ここは小さなそばやで店構えは立ち食い風ですが、なかなかの実力店です。

外で食券を買って、たぬきそば(320円)を関西だしで注文します。ごん平では通常はそばを注文すれば関東だし、うどんは関西だしで出してくれるんですが、お願いすればそばを関西だし(あるいはその逆)でも出してくれます。僕はそばと関西だしという組み合わせが大好きです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

寿美吉(大山) [大山の和食・そば]

07年7月28日(土)
「あおい珈琲店」で昼食はそばを食べようということになり、お店を出て、大山駅の地下道を抜けて、遊座商店街に向かいます。目指すは蕎麦屋の「寿美吉(すみよし)」です。ここは初めての訪問ですが、一度行ってみたいと思っていた蕎麦屋です。

入ってみると意外に店内はコンパクトテーブル席が20席ぐらいとこあがりでテーブルが2つあります。僕たちは入り口に近い2人席に座って、相方は月見そば(温)、僕は大もりを注文します。もりそばが420円で、大盛が100円増しですので、大もりは520円です。これは安いですね。

注文のタイミングがよかったらしく、3分ほどで注文の品の到着です。大もりは見た目には思ったより少ないように感じました。いつものようにわさびはつゆの中に入れないで、もりそばの方につけていただきます。これはわさびの風味を楽しみながらそばをいただくコツで、そば通の先輩から教わったテクニック(というほどのものではないのですが)。そばは歯ごたえが感じられて僕の好みです。つゆも甘くなくこれも僕の好み。大もりも見た目は少ないかなと思ったけれど、量的にはちょうどいいですね。これで520円は値打ちものです。ひとつ不満を言わせていただければ、そば湯のサービスがない点でしょうか。

しかし店員さん(家族経営かな?)もとても元気で、気持ちのよい蕎麦屋です。また来ていろいろ食べてみましょう。


とても歯ごたえを感じるおいしいそば。大もりそば、520円です。

そば処 寿美吉  板橋区大山東町52-2   TEL 03-3961-2197


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

長岡屋(大山) [大山の和食・そば]

07年7月7日 七夕
今日は夕方に来客があり、そのおもてなしの材料を買いにだるま市場に買出しに行くんですが、その前に昼食として「長岡屋」に行ってみます。昨晩の辛みそラーメンの影響か、おなかの調子がいまひとつなのでそばでも食いましょう、ということになったのです。場所はハッピーロードをごん平の角を左に曲がって数十m進んだ先の角にあります。入り口の横にメニューのショーウインドウなんかがあって、見るからに昔からある街のお蕎麦屋さんという感じです。

ちょうどお昼時でしたが、先客はおばさん一人。店内はテーブル席が20席以上、こあがり席もあって相当収容力があります。僕と相方は厨房近くのテーブル席に座り、僕は大もり(もりそばの大盛のこと)、相方は山菜そば(温)を注文します。どうやらフロアはおばさん一人ですが、厨房には3人がいるようです。そばや丼もので担当が分かれているのかもしれませんね。

でてきた大もりはとてもボリュームがあって美味しかったです。欲を言えばもう少し冷水でしめていただければ、より冷たくて美味しかったのですが、、、。今回は初めての訪問ですので、評価は次回ということで。

でもこういう街の蕎麦屋さんで、休日の昼間からビールを飲んだりしてゆっくり過ごすのは幸せ(のひとつのかたち)だと思いませんか?。今日は来客があるのでビールは飲みませんが、次は是非そうありたいものです。ここはそうでもありませんが、お蕎麦屋さんの中には日本酒の品揃えもしっかりしたところがありますし、そういう店で昼真っから軽く飲むというのは最高の贅沢ですね。

つゆのそば湯割りもいただいてお腹も一杯になったことだし、だるま市場に買出しにいきましょう。お会計は大もり600円、山菜そばは(たぶん)700円でした。


大もりそば。600円です。そばの端っこの緑色はわさびです。僕はわさびはつゆの中に入れないで、そばにつけて食べます。

長岡屋  板橋区大山町15番地   TEL 03-3956-4982


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

07年7月1日 すし勝(大山) [大山の和食・そば]

寿司を食べることになりまして、どこのすし屋に行こうか検討が始まりました。大山にはすし屋さんはたくさんあるんですが、子宝寿司さん以外はまったくの未開拓ですので、ちょっと新規開拓してみようかということになり、「すし勝」に行ってみることにしました。場所は大山駅南口をでて左に進み、マックや吉野家を通り過ぎ、小林菜館も通り過ぎて、ヤクルトの会社がある交差点を左折、100mぐらい先の左側にこじんまりとあります。

なかなかわかりづらい場所ですが、以前から前を通ったときに質素な入り口の感じが気に入っていて一度いってみたいと思っていたのです。入ってみるとカウンターが5席、4人テーブルがひとつ、こあがり席がありますがこあがり席は使われていないようです。マスターとママさん2人で切り盛りされているようで、我々(奥さんと僕)はカウンターの席に座ることにしました。

とりあえずビール注文し、刺身の盛り合わせをいただきます。お通しでだされたのはイカのボイルしたものです。小さな小鉢ではなく、二人前を下駄にのせた状態で出され、かなりボリュームがあります。刺身はマグロ赤身、中トロ、こはだ、ひらめ、玉子、イカ、などどれも新鮮で大変満足ですね。こういうつまみにはやはり日本酒といきたいところですが、深酒するとまずいのでここはビールにしておきます。

マスターから「なんかにぎりますか?」と言われたので、「白身のものを」とお願いしひらめを握ってもらうことにしました。そのあと「貝はなにがありますか?」と聞いたら、きょうは「トリ貝、ほっき貝、赤貝だね」とのことでしたので赤貝をいただきます。この赤貝はほんとうに歯ごたえがよくておいしかったです。昼間の焼肉がちょっと残っている感じで、はやくもお腹が満たされてしまい、ここでマグロの赤身とウニを注文して今日はおしまいということにします。本当はもっと食べたいんですが・・。途中でいただいたお吸い物も大変おいしかったです。

お茶をいただいて、お会計は2人で7,700円です。マスターも気さくな感じだし、ママさんもお茶のおかわりをどんどん持ってきてくれてとても親切です。ここは何度か通ってみたくなりました。


刺身の盛り合わせです。

すし勝  板橋区大山金井町51-10   TEL 03-3974-1500


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

2007年5月6日 かどや食堂 閉店 [大山の和食・そば]

大変残念なことですが、大山の老舗の大衆食堂「かどや食堂」に閉店の張り紙が
貼られていました。こういう昔ながらのお店がひとつまたひとつとなくなっていくのは
(現実とはいえ)寂しいものです。

以前訪問したときに厨房の中のマスター風のおじさんが体調が思わしくないような
様子を見ていましたので、大変そうだなと思ったのを記憶しています。もちろん
閉店の理由は知る由もありませんが、その後「しばらくお休みします」という張り紙が
1ヶ月間ぐらい貼られていたので、なんとか再開してほしいと願っていました・・・・・。
私は大山歴も短く、来店回数も少ないですが、それでも本当に残念です。おそらく
多くの常連の方々が残念がられていることと思います。

大資本のチェーン店が増えてくる昨今ですし、地元密着型の個性あるお店が少なくなるのは
仕方のないことかもしれません。しかしそのような活力ある個人経営のお店が多いのも
大山のいいところです。チェーン店も努力しているし、店員さんもがんばっているし、美味しいので
それ自体を批判するつもりもありませんが、大山がチェーン店ばかりになってしまったら、
大山らしさが失われるような気がするのです。

私が心配しなくてもまたチャレンジ精神のある人がどんどん起業・出店してくれるはずですので、
私の心配は単なる杞憂に終わることと思いますが。


かどや食堂の関係者の方々、長い間本当にお疲れ様でした。




2007年4月15日 子宝寿司 [大山の和食・そば]

大山町の子宝寿司に行ってきました。こちらは明治10年創業ということで
大変歴史のある寿司屋さんですが、決して敷居が高いわけでもなく、
格式ばっているわけでもなく、気軽に入れる町のお寿司屋さんという雰囲気です。

カウンターが空いていたので、カウンター奥に座って刺身盛り合わせ1人前と
銀鱈西京焼きをつまみにビールを飲むことにしました。後ろでは家族6,7人の
グループがテーブルを囲んでわいわいとお寿司を食べていて、下町ならではの
よい光景です。

刺身の盛り合わせは中トロ、かんぱち、タコ、甘エビの4点盛り。どれも新鮮で
大変美味しかったです。銀鱈は脂が乗っていなくて残念。季節的にもう遅いから
仕方がない。

さて、締めにお寿司を握ってもらいましょう。特上にぎりをお願いします。
この界隈で特上にぎりが2,200円というのは安いですねえ。これも言うまでもなく
ネタが新鮮で美味しくいただきました。食べ終わるころにはお腹一杯で、
苦しかったです。

ところで子宝寿司のマスター、相当の巨人ファンとお見受けしました。ちょうど
巨人戦の中継をやっていたんですが、お店が暇そうだったこともあり、ずっと
観戦してはプレーのコメントをしていました。私も巨人ファンではないけど
野球は好きなので、いろいろと話が盛り上がったんですが、マスターの
巨人の選手の知識がすごいんです。阿部は3年前はホームランを33本打ったとか、
今の巨人の助っ人はクロマティに似ているとか、トマソンは使い物にならなかった、とか。
これからもマスターと野球の話をしながら寿司を食べに来てしまいそうです。
ただアンチG党の人はちょっと注意したほうがよさそうですね。


特上にぎりです。大変おいしゅうございました。

子宝寿司  大山町9-2  TEL3956-1787


前の10件 | - 大山の和食・そば ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。